血糖値と炭水化物,

糖尿病は、食生活が要因となって起こる病気。

私たちが日常当たり前のようにとっている食事。何気ない行動ですが、食物が体の中に入ると、さまざまなことが起こります。私たちの体を維持するためにいろいろな物質に変化されます。食事が消化されてエネルギーになるその間に、血糖についての秘密が隠されています。

「血糖値」とは血液中のブドウ糖の濃度のことをいいます。食事のメインとなるのが炭水化物です。

水化物の働き、炭水化物が欠乏症した場合、炭水化物を過剰摂取した場合どのようになると思いますか?

【水化物の働き】

水化物の働き:炭水化物とは糖質と食物繊維の総称。

エネルギー源として、中性脂肪に変えられて体内に貯められ、体の構成成分となります。

脳、赤血球、神経系、筋肉等はブドウ糖だけをエネルギー源とします。

【炭水化物の欠乏症】

炭水化物の欠乏症:思考力の低下、やせすぎ。

【炭水化物の過剰摂取】

炭水化物の過剰摂取:摂りすぎた分は蓄蔵され肥満の原因になり、糖尿病の誘因。

糖質の代謝を高め、体内に蓄積させないためには、ウォーキングのような有酸素運動を20分以上行うこと。

炭水化物と血糖 インスリンの関係

炭水化物はパンなど麦類の方が、米よりも高いことが知られています。

食事を取ると炭水化物が消化され、身体が吸収しやすいようブドウ糖に変換され、血流に乗って全身に運ばれます。このため、健康な人でも食後は血糖値が上がり、「インスリン」というすい臓から放出されるホルモンによって一定に保たれるようになっています。

また、血糖自体は身体、特に脳の直接の栄養でもあり、人体に必要なものなのですが、加齢とともに血糖値が高くなる傾向があるため、40歳を超えたあたりから「血糖値」を気にする必要があります。

血糖が上がるとインスリンが放出され血糖を一定に保つ・・・というのが通常の身体のメカニズムですが、食べ過ぎや運動不足、遺伝的要因(や加齢)などで高血糖がつづくとこの働きがうまく作用しなくなってしまいます。インスリンに対して、受けて側である筋肉や脂肪組織に抵抗ができてしまい、ブドウ糖を効果的に利用できなくなってしまいます。

その結果、本来エネルギー源として体に取り込まれるはずのブドウ糖が血中で一杯になってしまい、濃度を下げるために大量の水分を欲しがるようになります。ここから口渇、多飲、多尿といった症状があらわれ、これらは典型的な糖尿病の症状です。

炭水化物の多い食物、少ない食物

私たちが良く食べる穀類、豆類、魚類、肉類、海藻類に含まれている炭水化物のカロリーの高い物と低いものについて!

・穀類の炭水化物は麦類が高く、米が低いです。

・豆類は、炭水化物がはるさめ(緑豆・乾): 84.6 (カロリー)と高く、豆腐(木綿): 1.6 (カロリー)と低いです。

・魚類は、炭水化物がら(でんぶ): 41.5 (カロリー)と高く、わかさぎ:0.1 (カロリー)と低いです。

・肉類は、炭水化物がビーフジャーキー: 6.4 (カロリー)が高く、かも: 0.1 (カロリー)と低いです。

・海藻類は、炭水化物がこんぶ(乾): 56.5 (カロリー)と高く、ひもず: 1.4(カロリー)と低いです。

【穀類】

●穀類高カロリー

 コーンフレーク: 83.6 (カロリー)

 白玉粉: 80.0 (カロリー)

 ビーフン(乾麺): 79.9 (カロリー)

 上新粉 :78.5 (カロリー)

 大麦(押麦): 77.8 (カロリー)

●穀類低カロリー

 ごはん(はいが精米) :36.4 (カロリー)

 ごはん(玄米): 35.6 (カロリー)

 中華めん(ゆで): 29.2 (カロリー)

 そば(ゆで): 26.0 (カロリー)

 うどん(ゆで) :21.6 (カロリー)

 

【豆類】

●豆類高カロリー

はるさめ(緑豆・乾): 84.6 (カロリー)

はるさめ(芋・乾): 84.5 (カロリー)

ひよこ豆フライ :62.6 (カロリー)

えんどう豆(塩豆:) 61.5 (カロリー)

あずき(乾): 58.7 (カロリー)

●豆類低カロリー

豆乳: 3.1 (カロリー)

油揚げ: 2.5 (カロリー)

豆腐(絹ごし): 2.0 (カロリー)

豆腐(木綿): 1.6 (カロリー)

がんもどき :1.6 (カロリー)

【魚類】

●魚類高カロリー

ら(でんぶ): 41.5 (カロリー)

いわし(みりん干): 16.3 (カロリー)

うなぎ(きも) :3.5 (カロリー)

うなぎ(かば焼): 3.1 (カロリー)

あんこうのきも :2.2 (カロリー)

●魚類低カロリー

ほっけ(開き) :0.1 (カロリー)

まぐろ(赤身):0.1 (カロリー)

まぐろ(脂身) :0.1 (カロリー)

ツナ缶(油漬) :0.1 (カロリー)

わかさぎ:0.1 (カロリー)

 

【肉類】

●肉類低カロリー
ビーフジャーキー: 6.4 (カロリー)

フランクフルト: 6.2 (カロリー)

焼豚: 5.1 (カロリー)

牛レバー(肝臓): 3.7 (カロリー)

レバーペースト :3.6 (カロリー)

●肉類低カロリー

豚ばら肉: 0.1 (カロリー)

豚肉(心臓/はつ): 0.1 (カロリー)

豚たん(舌) :0.1 (カロリー)

かも: 0.1 (カロリー)

マトン: 0.1 (カロリー)

【海藻類】

●海藻類高カロリー

こんぶ(乾): 56.5 (カロリー)

ひじき(乾): 56.2 (カロリー)

あおのり(乾) :56.0 (カロリー)

とろろこんぶ :50.2 (カロリー)

焼きのり :44.3(カロリー)

のりのつくだ煮 :21.1 (カロリー)

●海藻類低カロリー

めかぶわかめ :3.4 (カロリー)

塩蔵わかめ(塩抜):3.1 (カロリー)

かんてん: 1.5 (カロリー)

もずく: 1.4(カロリー)

糖尿病の食事作り場合には炭水化物のカロリーを知っていると便利ですね。

 


Copyright © 2009 血糖値と炭水化物,&血糖値とインスリン! All rights reserved.
inserted by FC2 system